<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミルクキャラメルは恋の味? | main | 日記というより反省です >>
*スポンサーサイト
2008.06.23 Monday | - | | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています

*読了
2006.09.07 Thursday | | 17:21 | comments(0) | trackbacks(1)
重力ピエロ
重力ピエロ
伊坂 幸太郎

 伊坂 幸太郎さんの本は初めて読んだ。
なんと言うか、とってもおもしろい!!っていうよりは
心にしみる話だったように思う。
ちゃんと段落ごとにまとまりを持っていて、しっくりくる。
本を読み進めていると、以前文中に書かれていた文章を繰り返すところがあって
その文章自体を忘れてたりして、あーそういう事書いてた。書いてた。って思い出す。
何か思い出話をしてるような懐かしさが漂うのよねぇ。
説明下手やけど。

 内容としては遺伝子の事だとか、兄弟、放火事件と色々なリンクがおもしろかった。
あと、自分の知らない分野(たとえば遺伝子にしてもそうやし芸術家や歴史など)についての世界がちょっと広がったようでうれしくなった。
遺伝子の話は、初めて聞く言葉とかあったりしたけどおもしろかった。
丁寧に説明されていたりして納得。
他にも歴史的なことや、芸術について書かれていて一見とっつきにくそうやけど
退屈にならない程度に話が本題に戻るから飽きずにすむし。


 この本に興味を持ったきっかけは2つくらいある。
ひとつは、友だち(しょうちゃんだったと思う)が伊坂さんの本読んだって書いてて
もともと「伊坂 幸太郎」っていう名前だけは知ってたから興味持った。
もうひとつは、リリー・フランキーさんの「東京タワー」の本を読んで
「東京タワー」についてHPを調べてたら、2006年本屋大賞を受賞していた。
で、数年の本屋対象受賞作品を見てみたら「重力ピエロ」があったから
「これは読んどかんと!」って思った。

 また、伊坂さんの本を読んでみたいなと思ったね。
あと機会があったらまた読み返したいな。
最近読み返したいと思う本によく出合っている気がする。
それって幸せなことやわぁ☆
*スポンサーサイト
2008.06.23 Monday | - | 17:21 | - | -
Comment
Send Message









Trackback URL
http://aruku123.jugem.jp/trackback/46
Trackback
重力ピエロ |伊坂 幸太郎
伊坂幸太郎の小説は 一言で要約できないところがいいところだ。 筆者もそういうカテゴリに分類されることを嫌っているのではないだろうか。 それは置いといて。 内容は、兄弟、家族、性犯罪、こころの話。 相変
| ミステリー倶楽部 | 2007/02/08 5:05 PM |