<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久々に見たドラマかも。 | main | 偽らずに >>
*スポンサーサイト
2008.06.23 Monday | - | | - | -

一定期間更新がないため広告を表示しています

*田舎にかえる
2007.03.06 Tuesday | 反省文 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(1)
田舎に帰ったときにほんまに反省というか自分が恥ずかしくなった

父方の田舎は愛媛で、すんごく不便な場所にある。
愛媛って言ってもほんま四国の端のほうで大阪から一番遠い愛媛の地域って感じ。
大阪にあるうちの家からその場所まで昔は車で10時間はかかってた。
今回は道路整備とかされてて8時間くらいで着いたのかな。

3年前に田舎に行った時は甥っ子がまだ1歳だったようだ。
あれから3年も経ったのか・・時間ってほんま待ってくれへんね。
うちはあん時から何も変わってない(悪い意味で)のに。立ち止まったままやのに。

「今なにしよるん?」これが一番きつかったな。
今までも友だちとかから「今なにしてんの?」って聞かれるのがすごく嫌やったけども
それとは比べれんくらいにきついな。
「えー・・・と・・・んー・・・・と」
言葉が出てこん。
きっと、今の自分に自信が持てないからだろうな。
胸を張ってかえってこれるようにしたいなってほんま思った。

いとこの近況とか親戚の話とかおじいちゃんの入院の話とか。
おじいちゃんもおばあちゃんも含め皆まぁ元気だったから良かったんやけど
「次はいつこれるんやろう」って思いながら小さくなったおじいちゃんたちを見てた。
こんなに足腰弱ったんや。
もの運ぶの大変そうやし手伝おうかな。でも自分でしたいんかな。どうしよ。
変な遠慮とかしてしまってどう振舞ったらいいのかわからん。

前々から一人でも時間を見つけて田舎に行こうとは思ってた。
結局実行できんままに今回の旅になった。
おじいちゃんおばあちゃんへの思いはあるのに、それを行動に移せん。
そんな自分がまだまだ子どもやなぁなんて思ってしまったよ。

お兄ちゃんは嫁さん、子ども二人もいるから立派な孝行をしてるんだろう。
出来ればうちも、おじいちゃんおばあちゃんが健在な時に孫を見せてあげたいがどうやろうか。難しそうやな。今はまだ結婚したいとも思わんし。
自分がしっかりせんとあかんのに、その次の段階なんて見れん。
結局うちは何歳になっても考えが甘くて周りの人に迷惑ばっかかけてるもんなぁ。
いつになったら「一人前」になれるんやろうか。

そんなこんなで自分を振り返れるいいきっかけにもなった今回の帰省。
色んなところに出かけたりして色んな人と関わるのってほんと刺激になるな。
一期一会って言葉の意味が歳をとってちょとわかってきた気がする。
まだまだ若い(つもり)やけどなーー。

うちも頑張ってみる。
だから皆も頑張ってなー。



*スポンサーサイト
2008.06.23 Monday | - | 10:27 | - | -
Comment
Send Message









Trackback URL
http://aruku123.jugem.jp/trackback/96
Trackback
拝啓、神楽坂様(08)
赤城神社を訪れたら、“ご婚礼の儀”が行われていました。神社での婚礼というと、最近では藤原紀香さんと陣内智則さんが行ったものが記憶に新しいですが、実際に見てみると非常に新鮮だと改めて思いました。他人様ではありますが、幸せな瞬間に立ち会え、非常に心が和み
| TokyoMan's Blog | 2007/03/06 1:09 PM |